顎骨炎治療

顎骨炎とは

顎骨骨膜炎

歯周病原細菌による辺縁性歯周炎・根尖性歯周炎が歯槽部に限局せず、顎骨体表面を穿破して顎骨骨膜に波及し、炎症の主座が顎骨骨膜部にある感染症のことです。上顎骨は骨皮質が薄い為、炎症は速やかに歯槽骨を穿破して骨膜炎になりやすいです。上顎骨では多様な血液供給路があり、骨膜下膿瘍が形成される為、骨組織の血液循環が維持される為、顎骨が壊死して腐骨が形成されにくい現状があります。しかし、骨膜炎においても治癒されず慢性経過を辿りますと、顎骨が壊死して腐骨形成も余儀なくされます。

顎骨骨髄炎

歯周病原細菌による辺縁性歯周炎・根尖性歯周炎が歯槽部に限局せず、顎骨骨髄内に侵入して顎骨骨髄に波及し、炎症の主座が顎骨骨髄部にある感染症のことです。下顎骨は骨皮質が厚い為、炎症は速やかに歯槽骨を穿破できず骨髄炎になりやすいです。下顎骨では下歯槽動脈が主な血液供給路である為、骨髄内の膿汁の貯留により、骨組織は血液循環障害に陥り、顎骨が壊死して腐骨が形成されやすい現状があります。歯周病原細菌による炎症が顎骨へ波及しますと、原因歯の拍動性疼痛・発熱を認め、患部歯肉及び顔面の腫脹・圧痛・膿瘍形成を認め、弓倉症状(原因歯の近心側の数本の歯牙が知覚過敏となり強い打診痛を認める)やワンサン症状(患側下唇の初期は知覚過敏・次第に知覚麻痺を認める)が発症します。

上顎洞炎

歯周病原細菌による辺縁性歯周炎・根尖性歯周炎が歯槽部に限局せず、上顎洞内に穿破して上顎洞に波及し、炎症の主座が上顎洞部にある感染症のことです。上顎小臼歯・大臼歯の根尖が上顎洞に近接している為、炎症は速やかに歯槽骨を穿破して上顎洞炎になりやすいです。歯周病原細菌による炎症が上顎洞に波及しますと、原因歯の自発痛・頭痛・頭重感を認め、患部周囲粘膜及び頬部の腫脹を示し、鼻の症状として鼻閉・鼻粘膜の腫脹・鼻漏及び眼の症状として眼瞼浮腫・眼圧痛・流涙が認められます。

※その結果、顎骨炎・上顎洞炎では原因歯の抜歯を余儀なくされ、顎骨掻爬術後に顎骨欠損を伴うため顎骨再生術が必要不可欠となります。

パーフェクトペリオ®治療法

1)パーフェクトペリオ®ステリリゼイション

骨膜切開・骨髄穿孔・上顎洞穿孔を行い、パーフェクトペリオを用いて、超音波イリゲーションによる患部骨内の歯周病原細菌の溶菌を行います。

※溶菌とは細菌の細胞壁を破裂させて、菌体内成分を溶出し、細菌の分裂増殖を担う核酸を障害させて細菌を根本的に破壊する為、耐性菌が発生しない殺菌法となります。

2)パーフェクトペリオ®エクシジョン

RFメスを用いて、ハイ・レゾリューション(高解像度10倍の高倍率)下において、炎症性肉芽組織の除去を行います。

3)パーフェクトペリオ®キューレット

骨形成用バーを用いて、ハイ・レゾリューション(高解像度10倍の高倍率)下において、腐骨摘出術・顎骨掻爬術を行います。

4)パーフェクトペリオ®リジェネレーション

顎骨炎・上顎洞炎による顎骨欠損を伴う抜歯症例に対し、コラーゲン線維を用いて、FGF(線維芽細胞増殖因子)にて顎骨再生術を行います。