顎骨嚢胞摘出術

顎骨嚢胞とは

根尖嚢胞

顎骨嚢胞全体の50~60%を占め、歯根を腔内に含む嚢胞で、歯周病原細菌の感染により慢性根尖膿瘍を発症し、その膿瘍壁が上皮化され外層は線維性結合組織・内層は扁平上皮・炎症性肉芽組織からなる袋状の病変です。嚢胞が頬舌的方向に増大する為、顎骨の膨隆が見られます。

含歯性嚢胞

顎骨嚢胞全体の10~20%を占め、埋伏歯の歯冠を腔内に含む嚢胞で、歯冠の形成終了後に歯原性上皮に嚢胞化が生じ、外層は線維性結合組織・内層は扁平上皮からなる袋状の病変です。嚢胞が頬舌的方向に増大する為、顎骨の膨隆・周囲の歯の位置異常が見られます。

原始性嚢胞

歯胚期の早期に嚢胞が形成された為、埋伏歯の歯冠を腔内に含まない嚢胞で、外層は線維性結合組織・内層は扁平上皮からなる袋状の病変です。嚢胞は近遠心的方向に増大する為、顎骨の膨隆が見られません。

上顎嚢胞

副鼻腔炎の手術後数年~十数年後、上顎洞内に発症する嚢胞で、外層は炎症性上顎洞粘膜・内層は扁平上皮からなる袋状の病変です。嚢胞は上顎洞内で増大する為、顎骨の膨隆が見られません。

※その結果、顎骨嚢胞では原因歯の抜歯を余儀なくされ、嚢胞摘出術後に顎骨欠損を伴うため顎骨再生術が必要不可欠となります。

パーフェクトペリオ®治療法

1)パーフェクトペリオ®ステリリゼイション

パーフェクトペリオを用いて、超音波イリゲーションによる患部骨内の歯周病原細菌の溶菌を行います。

※溶菌とは細菌の細胞壁を破裂させて、菌体内成分を溶出し、細菌の分裂増殖を担う核酸を障害させて細菌を根本的に破壊する為、耐性菌が発生しない殺菌法となります。

2)パーフェクトペリオ®エクシジョン

RFメスを用いて、ハイ・レゾリューション(高解像度10倍の高倍率)下において、線維性結合組織・扁平上皮の除去を行います。

3)パーフェクトペリオ®キューレット

骨形成用バーを用いて、ハイ・レゾリューション(高解像度10倍の高倍率)下において、顎骨掻爬術を行います。

4)パーフェクトペリオ®リジェネレーション

嚢胞による顎骨欠損を伴う抜歯症例に対し、コラーゲン線維を用いて、FGF(線維芽細胞増殖因子)にて顎骨再生術を行います。